出会いを避けられない鹿児島で1ヶ月が経ちました

ええ、確かに

出会い付き

肉を噛みながら

ホットコーヒーを飲む

その飲み方

あるかもしれません。

私はその飲み方が好きです

出会いは世界にいます。
よくわかります。
私たちがすでにここにいるとき、私たちが避けられない偶然を探しているという矛盾があります。
出会いしてから1ヶ月が経ちました。
どういうわけか、関わったことのない女性にブロックされたり(日記が見えなかったり、異性だったらどういうつもりだったのかわからない)、モラルのないメッセージが届いたり、そして私はしばしば不快に感じました。おもう。

このような場所に長く滞在すればするほど、会う可能性は低くなり、来月末になるのではないかと思います。
とはいえ、私は検索しておらず、日記を読んでおらず、ツイートを見ているだけです。

鹿児島では間違いなく出会いは有名です

私:ドイツはソーセージで有名ですか?笑

彼女:いいえ、それは間違いなく脂っこいです
意外と似合うかも?

鹿児島:気分が悪い!笑わない

帰国者との会話

その声のトーンさえ出てきました。

鹿児島に帰りたい

やっぱり空港のドゥトールです

ホットドッグ、ケチャップはありません

しかし、それはコーヒーとよく合います

鹿児島:ウィーナーコーヒーは美味しいですね。

思い出しているうちに思い出していることに気づきます。

鹿児島では話す相手が出会いにいない

鹿児島

話す相手がいないことに注意してください。

食べながら

飲みながら

深夜のフライトでお尻が破損

楽になりそうな気がします。

-回想-

彼女:ウィーナーコーヒーは美味しいですね。

私:肉と一緒に飲みますか?なんとなく卑猥

彼女はいる?何を言っている?笑

私:あなたはウィンナーに突入してそれを飲みますよね?

鹿児島:ばか

私:いいえ、でもソーセージを食べている間
飲む人はいないのですか?

鹿児島:ああ、ちなみに、少し前に
こんな飲み方は聞いたことがない