無事に二度、鹿児島で出会いがあった

帰国の夜の沈黙

鹿児島で出会い
サメは彼の死とともに海を二度横切ります。

springは、日本の春の時期に間に合うように、台湾、東南アジア、インド、オーストラリア北部から日本に飛ぶ。
キツネは日本に巣を作り、夏にはヒナを育て、家族に巣を作るので家に帰ってください。日本は故郷です。
9月中旬から10月下旬にかけて、冬に日本から暖かい国へ旅行します。過酷な長い旅です。

海上で日本に戻った後、生まれ育った巣がまだある場合、その巣が育児に適していて安全であると判断された場合、カップルによって修復され、再び使用されます。

先日、冬の間、キツネは昨年、家族が空き家であった入り口の古い巣にまだ座っていました。

(無事に戻ってきた、いいね!)鹿児島で出会い

 

女性比率の高い鹿児島県で出会いを成功させた体験談


そう感じました。

しかし、見地からすれば、海での生活に苦労はありません。
あなたが故郷の古い巣に着いて座っている夜であっても、それは長い間続きます。鹿児島で出会い

巣に座っている小さなキツネでさえ、野生の力を感じます。

巣に座って、そのような力が伝わるかどうかを確認します。

“出会い”鹿児島で出会い

ラブソングフカナリア
菜の花を待っています
夜に広がる愛のすべての不潔な人々

季節の言葉は菜の花です。鹿児島で出会い
晩春
子どもの言葉は花菜の花、菜の花、油菜

菜種の黄色い花。
至る所に広がる黄色の菜の花畑は、晩春の典型的な眺めです。近世では、菜種油が提灯として使用され、主に関西で栽培されました。花芽も食用になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>