鹿児島のポップカルチャーは出会いでした

この鹿児島の内容にぴったりの歌詞を持つセイコーのファンではないアキキは、この歌が大好きでした。

余談ですが、1980年代にポップカルチャーに鹿児島を持っていた20代前半の女性で、この会社で松田聖子をよく知らない女性のためにこの歌を聴いた場合、最初はグースバンプが目立っていたようです。

鹿児島の出会いは楽勝スレッド

 

世代がそのような音楽に恵まれているとは思いませんでしたが、若い世代にはカルチャーショックが多いようです。

それとは別に、川上麻衣子の美しさが彼女の目で遊んでいて、このドラマで二谷ゆりの愚かなスタイルよりもポコチンで遊んでいたのは黒い歴史ではありません。

当時は良い学術的仕事があったので、数年後には簡単なショーで6つの大学に行くと思っていました…気づいたとき、どこかに行くことができる大学はありませんでした。鹿児島
こんばんは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>