鹿児島では私にとって出会いは限界でした

鹿児島「ごちゃごちゃ」

これでも一生懸命書こうと思っていたのですが、汚い文字で評判が良かった私にとっては限界でした。

初日、部長のオリエンテーションで心に響いた言葉があります。

「私を所有者と呼んでください」

私の立場では、飼い主でも飼い主でもかまいませんが、店長さんから言われるように、「かわいいバイトくん」として従うべきことは一つだけ。

それでも鹿児島の悪さに感動しました。

店長から「バッグを一から梱包する方法を教えてください」と言われました。

鹿児島に私はいつも買い物袋を適切に使用していたので、私はそれらを梱包するのに慣れていません。

昔はパン屋で働いていたので、レジを比較的早く習得しました。

袋が袋になっているので、今度は発言の時間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>