出会いをする余裕が鹿児島ではありました

出会いがクマに遭遇した場合は、刺激を与えずに静かに保ち、母親のクマと赤ちゃんのクマの間に立ったり、近づいたり餌を与えたりしないでください。アイコンタクトなしでゆっくりと戻ってください。最悪の場合、対策としてクマ忌避スプレーを散布します。一方、逃げる、怒鳴る、写真を撮るのはNGで、ビデオの女性は「ラッキーだったと思う」と言った。

ちなみに、この出会いでは「すごい近づいても落ち着いていた」とのこと。 「自分撮りをする余裕がありました。何も起こらなかったのはうれしいです。」 「クマも速いです。
これに近づくと、見逃してしまいます
「私はそれを取り除くことはできません。」 「クマは人間に慣れているような気がします。」 「まだ若いクマです。この辺りにクマがよく現れるようです。」と言う声があります。

画像は「アレックス・トライス?Nツイッター」の画面です。出会い」と「マリオツイッター」実はクマもその後彼女を噛んだ」出会い。ショット
私は年をとっていたので難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>